誰にもバレずにお金を借りる方法

低金利で借りれる学生ローン!

学生がキャッシングしたいなら、できるだけ低金利で借りれる学生ローンがおすすめです。
一般には、消費者金融よりも銀行カードローンが低金利だといわれていますが、表面上の金利だけを比較するのはおすすめではありません。
表面上の金利が低金利であることはいいことですが、無利息があるかどうかで選んでみてはいかがでしょうか。
無利息で借りれる期間がある学生ローンなら、実質的な金利の負担を大幅に減らせます。
プロミスやノーローン、新生銀行レイクに無利息がありますので、それぞれの特徴について確認してみてはいかがでしょうか。

 

消費者金融プロミスの「30日間無利息」

 

消費者金融プロミスは、学生にも人気があるカードローンですので、申込みを検討されている方も多いのではないでしょうか。
プロミスには、最初の借入れから30日分の利息が0円となる、「30日間無利息」が用意されています。
「30日間無利息」が適用されるのは、プロミスへの申込みがはじめての方です。
過去にプロミスを利用したことがある方は適用されませんが、申込後、30日以内にメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすることで無利息となります。

 

消費者金融ノーローンの無利息は1週間!

 

消費者金融ノーローンの無利息は、「1週間無利息」というものです。
プロミスの無利息と比較すると、劣ってしまうかのような印象を受けますが、ノーローンの無利息は、何度でも利用できる点に特徴があります。
ノーローンの返済が終了するごとに、再び無利息が使えますので、「アルバイト代が入る前の数日間だけの利用」という使い方の学生にぴったりではないでしょうか。
ノーローンを利用している学生の中には、アルバイト代が入る前だけの利用で、一切利息を支払っていない学生もいるようです。

 

消費者金融に申込むときの注意点!

 

低金利で借りる学生ローンとして、プロミスとノーローンを紹介しましたが、どちらも消費者金融のローンとなっている点に注意が必要です。
消費者金融の学生ローンの場合、融資が受けられるのは、原則として年収の3分の1までです。
毎月5万円のバイト代が入る学生は、年収60万円となりますので、借り入れできる金額は20万円までと決まっています。
高額な融資が必要な学生は、消費者金融よりも銀行カードローンがおすすめなりますので、低金利で人気がある楽天銀行カードローン、あるいは、三菱東京UFJ銀行バンクイックなどを選ぶようにしましょう。

barenai

accept誰にもバレずにお金を借りたい!

電話での在籍確認や郵送物のないカードローンを選べば誰にもバレずにキャッシングすることができます!バレずに借りる3つのポイントをご紹介します!

郵送物なし!arrow誰にもバレずにお金を借りる方法!